25年目の
新たな「激動の時代」に

株式会社キノトロープは、
創業25周年を迎えました。

「すべては成果のために」をブランドプロミスに定めて、クライアントの企業価値そのものを高めることを実践してきました。

弊社を支えてきたのは、3つの明確なコアコンピタンスです。

Webビジネスで成功するために必要なサービスを「ワンストップ」「ワンチーム」で提供

業界トップクラスの高い評価を得る明確な「メソッド(コンサル・構築・開発手法)」を提供

サービスクオリティの高さを裏付ける「25年の実績」

Webビジネスが立ち上がってから25年。
インターネットは、激動の時代を迎えようとしています。
この激動の時代に、キノトロープは、「スマートフォンファースト」「コンテンツファースト」「お客様ニーズ最適化(One to One)」の3つをテーマに掲げて、さらなる飛躍を目指します。

これからもキノトロープは、時代の先を予測して、クライアントの成果を生み出すためにチャレンジを続けていきます。
クライアントにイコールパートナーと呼ばれるために。

代表取締役社長 生田 昌弘

社名

株式会社キノトロープ

所在地

〒151-0065 東京都渋谷区大山町45-14

連絡先

TEL: 03-5478-8440

FAX: 03-5478-8719

E-mail: o_toiawase@kinotrope.co.jp

創業年月日

資本金

3億1,750万円(資本準備金 2億7,750万円)

主要株主

生田 昌弘

現経営陣

従業員数

100名(グループ会社含む)

主要取引先

日本たばこ産業株式会社

株式会社近鉄・都ホテルズ

株式会社東急ホテルズ

大和リゾート株式会社

西武鉄道株式会社

株式会社オーテックジャパン

(順不同・敬称略)

役員

代表取締役社長 生田 昌弘

取締役 関山 宗徳

取締役 斉藤 千寿

取締役 石原 強

監査役 金井 正義

取引先銀行

三菱UFJ銀行 代々木上原支店

日本政策金融公庫 渋谷支店

興産信用金庫 代々木支店

沿革

キノトロープとしての活動を開始

事務所開設

有限会社キノトロープ設立(資本金 500万円)

株式会社に改組、増資(資本金 1,000万円)

増資(資本金 2,000万円)

増資(資本金 4,000万円)

増資(資本金 3億1,750万円、資本準備金 2億7,750万円)

持株会社化

アクセス

住所・連絡先

〒151-0065 東京都渋谷区大山町45-14
TEL: 03-5478-8440

鉄道の場合

小田急線・東京メトロ千代田線「代々木上原駅」下車。
南口1番出口を出て、向かって右方向へ直進。道なりに左方向へ進んだ先のひとつめの信号(代々木上原駅南)を右折し、150mほど先の信号(大山町東)のひとつ手前の角を右折。左手の1軒目、ガラス張りのビルがキノトロープです。

自動車の場合

環七方面から: 井の頭通りを原宿方面へ。小田急線高架下手前の信号を越えた左手にあるガラス張りのビルがキノトロープです。

山手通り方面から: 井の頭通りを環七方向へ。小田急線高架下を過ぎた最初の信号の手前右手にあるガラス張りのビルがキノトロープです。

CSR情報

私たちは、基本方針の一つである「適正な価格で、適正なサービスや製品を提供できる健全な財務の実践と高い倫理観を持って企業活動を行い地域社会の一員であることを自覚する」に基づき、以下の3つを中核に、これまでもこれからも真摯に取り組んでまいります。

1.教育・啓蒙

私たちキノトロープは、Web業界の次世代を担う人材育成に取り組んでいます。

人材を欲しいと思う企業はあっても、マッチした人材がいないという現状。スキルアップしたいと思う若い人材がいても、育てる環境がないという現状。

こうした背景から「Webマスター・Webプロデューサー」の養成機関キノトロープアカデミーが誕生しました。常に最新のWeb業界動向を踏まえ、高度なプロジェクト管理能力を修得するための専門スクールを私たちはインターネット黎明期から取り組んでいます。

また、これまで培ってきたノウハウやナレッジを書籍や雑誌というカタチにし、社会の共有財産として蓄積しています。

2.芸術・スポーツへのスポンサード

私たちキノトロープは、数年前より西伸幸選手(2010年バンクーバーオリンピック代表)、新谷奈津美選手や藤森由香選手をスポンサードしています。

彼らがもっと高みに行くために。私たちは、素晴らしい才能をもったスポーツ選手や芸術家を応援しています。

3.地域社会貢献

キノトロープでは地域社会の一員として、「AEDの設置」、「災害救援ベンダーの設置」、「エコキャップ運動の実施」を行っております。

小さな一歩ではありますが、できることから少しずつ増やして参ります。